むくみサプリメント.com

するるのおめぐ実

きゅきゅっと小町

マロニエ&メリロート

スイカデトックスナビ

SuRaRi

矢印 口コミの続きを見る

HOME >> むくみ原因 あなたは知っていますか?

むくみ原因 あなたは知っていますか?

むくみの原因を分類すると

 生活をしているとどうしても避けられない場合があるのが身体のむくみというものです。

 むくみが生じると顔がはれぼったく、衣服に窮屈な印象を感じたりするなど自分の身体に太め感を感じます。

 これは決して肥満のように体重の増加にともなって当然太め感を感じることとは異なります。

 むくみとは身体のその部分に水分が平常に比べて異常に多くある状態なので、体重増加にともなう脂肪の増加とはまったく性質の違う現象です。

 また、むくみは水分が余分にたまることで起きますから、そのことによって代謝が低下してしまい皮下脂肪の増加につながりますので特に顔のむくみグセがついてしまいますとたるみの原因になってしまいます。

 太った印象に加えて老けている印象も同時に与えかねませんのでむくみを極力避けたいものです。

 さて、むくみは水分の増加を招く身体の状態によって発生しますが、これには身体に何らかの疾患があることによって生じているものとまったく病気とは関係なしに生じるむくみと大まかに二種類に分けることができます。

病気によらないむくみ

 まずは病気によらないむくみの原因となることについて考えてみましょう。

 長時間身体を同じ姿勢のままでいることによって結構が悪くなり、その血行の悪さに伴う冷え性や肩こり・腰痛といったものがむくみの原因となります。

 立ち仕事やデスクワークでは間違いなく同じ姿勢を保たなければなりませんからイスに長く座ることや直立姿勢をすることで下半身の血行が悪くなりますので、こういったものでは主に足がむくみやすいのです。

 同時に、足のむくみは運動不足や、サイズのあっていないくつや下着なども血行に関係しますのでそのむくみの原因となります。

 一方、手では腱が集まる部分ですのでむくみを感じやすくなっています。

 特に、女性の場合はホルモンの関係上生理前や妊娠なども手のむくみが出やすくなります。

 顔のむくみの原因としてはアルコールの摂取や塩分の摂取、ビタミン・ミネラル不足が挙げられます。

 顔のむくみは夜寝ているときに生じやすいですが、それがなぜかといえば体を横にすることで体全体に水分が流れますので起床時に顔がむくんでいることが多いのです。

 病気によらない原因によってむくみが起きている場合には手や足のつぼを押さえてのマッサージ食生活の改善によって塩分の過剰な摂取をしないようにする生活習慣の乱れによってもむくみは起きますから、規則正しい生活リズムや適度に運動をするこのようなことによって血液中の水分量や心臓の働きに対してポジティブな効果を与えることが出来ます。

病気によるむくみ

 病気によるむくみも考えておく必要があります。

 むくみから考えられる具体的な病名としては、心不全や尿毒症、肝硬変、心臓病、腎炎、ネフローゼ、腹膜炎、かっけ、妊娠中毒症などの病気が考えられます。

 これらの病気に大きく関係しているのは心臓と腎臓です。

 心臓は体全体に血液を送るポンプですからここに問題があると血行に影響しますし、腎臓は血液中から尿を作り出し水分を調節しますのでこれらに問題があるとむくみが生じやすくなります。

 心臓の疾患によるむくみを予防するために摂取する塩分量を減らし、禁煙、低脂肪の食事、肥満防止、適度な運動などによって血流の循環の環境を整える必要があります。

 腎臓の疾患によるむくみも心臓と同じで身体のコンディションを良くすることが求められます。

 高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風などの生活習慣病を避けるために塩分をひかえめにしたバランスのよい食事をとり過度な労働を避ける、身体を清潔に保ち、感染症を予防する、といった日常生活の上での注意によって予防していきたいものです。

 手や足、顔といった部分単体であればほとんど心配はありませんが全身のむくみはなんらかの病気を含む可能性もありますので医療機関での診察をしたほうがよいでしょう。

むくみマメ知識
部位別のむくみについて
Menu
 | HOME | サイト管理者について | ご相談・お問合せ | メルマガ配信を希望 | 口コミを投稿する | 口コミを見る | 個人情報保護方針 | サイトマップ |
Copyright© むくみサプリメント.com all rights reserved